高速道路進入時の加速

一般的に攻めっ気のある性格の男性と異なり、女性は穏やかで優しい人が多いからでしょうか、思い切ってアクセルを踏むことに躊躇してしまうようです。

女性と男性とでは運転に関して諸々の傾向が異なっているといのは決して珍しいことではありません。また免許を取得する際でもそのあたりを配慮した教習所は多くあります。

たとえばこの教習所は、女性専用の合宿免許を売りにした「女性専用合宿校」という形です。

  

まぁ問題なく運転できるレベルの運転テクニックを持った女性でもアクセルをしっかりと踏みたがらないケースがほとんどです。スピードをだすことは怖いことだという固定観念があるのではないでしょうか。 

しかし、状況によっては速度を出さないほうが危険なこともあるのです。

その代表的な例が高速道路への合流です。高速道路の合流ではアプローチゾーンに入ったら強く加速し、速度を上げて流れに乗ることが大切です。ここでアクセルを踏むのをためらって本線の流れよりも遅いスピードで合流してしまうと事故の原因となってしまいます。

もしアプローチゾーンにはいってゆっくりと加速している車両があったら前の車とのスペースをあけ、自分が加速するための距離を取りましょう。

ウインカーをだしたら加速し後続の車に注意しながらなるべく緩い角度で本線に合流しましょう。合流を早く済ませてしまおうとして急な角度で本線に合流してしまうとこれも事故の原因となってしまうことがあります。こちらが本線より速いスピードで合流していれば追突される危険はなく、あとはスピードを流れに合わせておとすだけですね。

高速道路の練習は合宿免許や通いの教習所でもやりますので、しっかり勉強して免許を取った時に焦ることがないようにしましょう。

最近の投稿

プロフィール

プロフィール

【名前】:チェリー
【出身】:高知
【仕事】:ブロガー
【趣味】:写真、旅行

チェリーです。好きなことは、食べること、写真を撮ること。
嫌いなことは車の運転...でしたが、最近克服しつつあり、運転が楽しくなってきました♪
今後の目標は車で九州に行くことです♪

コメント等お気軽にどうぞ↓↓
admin@cherrydropprincess.com

免責事項

このサイトに掲載しております情報にもとづき閲覧者がとった行為の結果、閲覧者や第三者に損害が発生したとしても、サイト運営元は責任を負うことはありません。またこのサイトに掲載しております情報は随時修正・削除を行う可能性や、時代の変化等の要因で情報が正しいものではなくなる可能性があります。予めご理解の上、サイトの閲覧を行うようにしてください。