前の車のさらに前を見るためには

運転席の座席を一番前まで移動させて、ハンドルを抱え込むようにして顎を突き出すスタイルで運転している女性がかなり多いように見受けられます。どうしてそんなに前かがみな姿勢になるのか。それは自分の車のすぐ前を見ようとしているからです。車の直前をのぞき込んでもしそこになにか危険なものがあったとしても何の対応もできないのでまったく意味がありません。ここまで極端ではなくても女性ドライバーの多くは視点が近すぎるのではないかと思っています。もっと遠くに視点を置くようにして下さい。普通一般道路を50km/hで入っているとき私はだいたい50~60メートル前を見るようにしています。それはつまり4~5秒後の自分の車の位置を見ているわけです。これならば前で何かが起きたときに対処する十分な余裕が生まれます。大方のことは4~5秒の時間があればほとんど余裕をもって対処することができます。そうこうしている瞬間から4~5秒先を常に意識しておくということが事故を防ぐコツです。しかし現実的な話をすると自分の前に50mのスペースがあるというのはかなりまれな話です。基本的には10mほど前には別の車が走行していることでしょう。しかし、問題はありません。前方の車のフロントガラスを通してさらに前を見ることで前の車のより前方を見ることができるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

プロフィール

プロフィール

【名前】:チェリー
【出身】:高知
【仕事】:ブロガー
【趣味】:写真、旅行

チェリーです。好きなことは、食べること、写真を撮ること。
嫌いなことは車の運転...でしたが、最近克服しつつあり、運転が楽しくなってきました♪
今後の目標は車で九州に行くことです♪

コメント等お気軽にどうぞ↓↓
admin@cherrydropprincess.com

免責事項

このサイトに掲載しております情報にもとづき閲覧者がとった行為の結果、閲覧者や第三者に損害が発生したとしても、サイト運営元は責任を負うことはありません。またこのサイトに掲載しております情報は随時修正・削除を行う可能性や、時代の変化等の要因で情報が正しいものではなくなる可能性があります。予めご理解の上、サイトの閲覧を行うようにしてください。