走行位置と進路

一見、簡単なことのように見えますが、直線道路をまっすぐに走ることが苦手という初心者の人は意外と少なくないようです。原因としては、視点の配り方と視野の取り方がわかっておらず、上手くできていないからではないでしょうか。直線道路の場合などは特に一点だけを見つめるのではなく、視点の配り方を意識した練習をするべきと言えるでしょう。直線道路に限らず、走行中の視線の配り方をマスターすることができれば、カーブでの進路の取り方といった操作も自然とできるようになると言えるでしょう。視点の配り方のポイントとしては、姿勢と言えるかもしれません。顔をしっかりと挙げることによって、視点は自然と遠くに置かれることになり、視野も広く取れて前方の状況がしっかりと確認できるようになると言えるでしょう。姿勢が悪く、顔が下がってしまうと、視点が車の前方付近に集中してしまい、視野が狭くなって前方の状況がつかめず走行しにくいどころか、危険の予測までしにくくなってしまうでしょう。まっすぐと走るためには、前方の遠くを広くみるということが大切でしょう。視野が狭いとふらつきの原因にもなってしまいます。自動車学校でも合宿免許でも一番に習うのが「安全な走行のための安全姿勢」ではないでしょうか。安全の理由があるからこそ、初めの段階でしっかりと身につけておくと良いでしょう。特に直線道路では、一点を見つめるのではなく、前方、左右など、常に視点を変えて安全の確認をすることが重要であり、カーブなどでは視点を先へ先へと送りながら、カーブの曲がり具合や、道幅を見ての運転が求められるでしょう。日頃より安全のための正しい運転姿勢を見直すようにしておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

最近の投稿

プロフィール

プロフィール

【名前】:チェリー
【出身】:高知
【仕事】:ブロガー
【趣味】:写真、旅行

チェリーです。好きなことは、食べること、写真を撮ること。
嫌いなことは車の運転...でしたが、最近克服しつつあり、運転が楽しくなってきました♪
今後の目標は車で九州に行くことです♪

コメント等お気軽にどうぞ↓↓
admin@cherrydropprincess.com

免責事項

このサイトに掲載しております情報にもとづき閲覧者がとった行為の結果、閲覧者や第三者に損害が発生したとしても、サイト運営元は責任を負うことはありません。またこのサイトに掲載しております情報は随時修正・削除を行う可能性や、時代の変化等の要因で情報が正しいものではなくなる可能性があります。予めご理解の上、サイトの閲覧を行うようにしてください。