進路の取り方と修正

安全な運転のために必要な技術の一つに直線道路での進路の取り方というものが挙げられるでしょう。まっすぐだからこそ、どのような場所に視点を置き、注意しておくべきなのかということがわからなくなりがちなのではないでしょうか。直線道路の場合は、視点を遠くに取ることにより、進路のズレが認識しやすく、どう修正していいのかという判断も早くできると言えるでしょう。視点が近すぎてしまうと、進路がズレているのかどうかがわかりにくく、修正が遅れてしまいがちです。自動車学校や合宿免許などでも、安全運転のための正しい運転姿勢を教わるのも、こういった場合に大切になってくるからではないでしょうか。また、カーブでの進路の取り方というのも慣れないうちは不安に感じている人も少なくないのではないでしょうか。カーブの種類も、道によって大きさや曲がり具合、また、自身の出しているスピードなどによってハンドルを切るタイミングや量といったことを迅速に判断しなければなりません。カーブでのポイントとしては、まず十分に減速し、事前に自身で決めた走行位置を走りながらハンドルを切るタイミングと量を調節するということでしょう。つまり、カーブに入る前に、カーブの曲がり具合や大きさを判断し、走行位置を決めておく必要があると言えるでしょう。もし修正が必要になってしまった場合は、慌てず焦らずに対応していきましょう。内側に入ってしまいそうな場合、減速してハンドルを戻し、カーブの曲がり具合に合わせてハンドルを切りましょう。道路外に飛び出しそうな場合にも、まず減速してハンドルをさらに切り足すという修正を行いましょう。慣れないうちは、安全第一でしっかりと減速することを心がけるべきでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

最近の投稿

プロフィール

プロフィール

【名前】:チェリー
【出身】:高知
【仕事】:ブロガー
【趣味】:写真、旅行

チェリーです。好きなことは、食べること、写真を撮ること。
嫌いなことは車の運転...でしたが、最近克服しつつあり、運転が楽しくなってきました♪
今後の目標は車で九州に行くことです♪

コメント等お気軽にどうぞ↓↓
admin@cherrydropprincess.com

免責事項

このサイトに掲載しております情報にもとづき閲覧者がとった行為の結果、閲覧者や第三者に損害が発生したとしても、サイト運営元は責任を負うことはありません。またこのサイトに掲載しております情報は随時修正・削除を行う可能性や、時代の変化等の要因で情報が正しいものではなくなる可能性があります。予めご理解の上、サイトの閲覧を行うようにしてください。